シェアする

【やりたい仕事がみつからない】様々な方法を試して自分に合う仕事を軸に持とう!

まの助です!

就職活動や転職活動で仕事を探す時、一番始めに考えることって

「自分って本当はなにがやりたいんだろう。」

だと思います。

やっぱり自分に合う仕事を見つけたほうが人生楽しくなります。全力を賭しても見つけたいものです。

仕事は大変で我慢するものっていう概念を壊しませんか?

とりあえず書き出してみる

書く事によって頭の中で整理されます。そして気付かなかった自分の才能に目覚めるかもしれません!

書き出す内容

過去の楽しかったこと

みなさん必ず生きてきた中で、「○○していた時楽しかった!」「○○してる時が楽しい!」と感じた時があると思います。

それが仕事になったら素晴らしいと思いませんか?

意外と過去の楽しかった出来事が仕事へのヒントになることがあるのです。

無理なく楽しめることが本当に楽しめることであり、あなたの才能なのです。

例えば、人の相談に乗ることが多く人にアドバイスをするのが好きだった。という人であれば、転職アドバイザーやライフプランナー。

パソコンが好きで、自分でブログをしてたりプログラムに興味がある人であれば、Webデザイナーやプログラマー。

親しみやすいとよく言われ、めんどうを見るのが好き。という人であれば、保育士や介護士。

仕事と考えずに過去の楽しかったことから考えれば、意外なところにヒントが隠れているかもしれません。

やりたくないことを書く

人ってプラスな面よりマイナスな面の方が良く思いつきます。

例えば、「人と話すのが嫌だ」「黙々仕事をするのが嫌だ」「考えるのが嫌だ」「勉強したくない」など上げればきりがないですね笑

やりたくないことから消去法を行えば、必然とやりたい仕事が残るかもしれませんね。

身につけたいスキルで絞る

未経験の仕事って未知ですよね。

未知な仕事を自分に合うかどうかなんてわかるはずがありません。

それなら考え方を変えて、自分がどういうスキルを身につけたいかを考えてみませんか。

世の中ネットの時代になってきたのでその波に乗るためにプログラムのスキルを身につけたい!=IT業界。プログラマー。

人脈を作って色んな人の話しを聞きたい。トーク・コミュニケーション能力を上げたい!=営業。コンサルタント。

人の喜ぶ顔が見たい。またその方法を身につけたい。=イベント系の仕事。ブライダル。

などなど。

視点を変えるだけで今まで見えなかったものが見えるかもしれませんね。

自分の能力を洗い出してみる

自分の得意なことを仕事にすると周りに差を付けられると思いませんか?

学生の頃簿記が好きだった。=お金を扱う仕事

委員長、部長などリーダーになることが多かった。=人をまとめて動かす仕事

学園祭やサプライズなどの催し物を成功させてきた。=イベント関連、広報

など、その得意なことが仕事で大いに役立つ可能性ってとても大きく感じませんか?

よく考えてみると得意だったことを思い返してみるとなにか見つかるかも?

空いた時間でなにかしてみる

とはいえ、考えるだけではイメージがつかめない。という方に

なにか始めてみませんか?

例えば、私の場合だといまブログを書いています。ブログには文字を打つのはもちろんですが、サイトをデザインすることも大切です。

私はこのブログを続けていくことで、Webサイトのデザイン関係の仕事に就きたいと考えるようになりました。

このように、なにか趣味でも副業でも実際に見て触れたからこそ感じることがあります。

でもそれは行動しないと気づくことができないのです。

なんでもいいので手を出してみることが、後々自分にあった仕事に巡り合うきっかけと成りうるのです。そして自分でも気付かなかった才能を目覚めさせることだってあるのです。

未来への自己投資始めてみませんか?

本屋に通う

本屋って情報の塊なんですよね。しっかりとジャンルごとに分けられていて、自分の一生では体験できないほどの情報が眠っています。

これを使わない手はないですよね。

ネットでいいじゃん。って思われる方もいると思いますが、ネットだと検索する内容が自分興味のあるまたは思いつく範囲のワードでしかないので偏ってしまったりするので、新たな発見をしづらいという特徴があります。

さらに本屋に通って情報収集をしているという行為に行動力や向上心を感じることができ、次の行動や自信に繋がり易いです。

本屋でふと手にとった情報がとても自分の価値観に合致し、価値観が変わる!なんてことも容易にあります。

まず始めの一歩。図書館に可能性を見つけに行きませんか?

いかがでしたでしょうか。やりたいことをネットで頑張って探しても見つからないのが当たり前なので、焦らず違う方法や視点を試してみてください。

いま始めることが、必ず将来やってよかったと思えます。ちょっと古いですが言わせてください。

「いつやるの?いまでしょ!!

それでは!!!

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス