シェアする

あなたの歯科矯正の知識はもう古い!1年未満で矯正が終わる?!

まの助です!

日本人は歯の状態悪い人が大勢います。欧米では歯の手入れにはお金を惜しまないといいますが、日本人は定期的に歯科に通う人も少ないです。

そしてあなたがこのページを見ているということは歯の矯正に興味があるということです。

私自身も歯ががたがたで歯科矯正を心に決めております。

でも、歯科の矯正のイメージってどんなことがありますか?

・見た目が気になる

・歯を動かすときに痛い。

・費用がかかる。(100万円前後)

・定期的に通わなければならない。(その際に追加の費用がかかる)

・矯正の期間が長い。(2年~3年)

など、みなさんのほとんどはこのような印象をお持ちでないでしょうか?

なので、「矯正はしたいけど後一歩が踏み出せない。」という方が大勢いらっしゃいます。

私もその一人でした。

ですが今回悩みが吹っ飛ぶような現代の矯正歯科の技術力を紹介させていただきたいと思います。

いままでの矯正歯科の常識はもう古い

見た目

矯正の見た目って、銀色でギラギラしているというのがずっと前のイメージ。

今の矯正って、透明なブラケット白いワイヤー裏側矯正、(リンガル)など、見た目が従来より気にならないような器具が多く登場しています。

ですが多少は気にならないといっても、やはり器具が目立つのって嫌ですよね。かといって裏側矯正は費用が物凄く高いし、高い技術力が伴う。舌が当たるので異物感が半端ないし。嫌なことばかりです。

そんな方に朗報です!

インビライザー(マウスピース)という矯正器具が登場しました。このインビライザー、メリットがたくさんあるのですが、値段はリンガルより全然安いです。

●インビライザーのメリット

1.透明なため、ほぼ見えない。

透明なマウスピースなため、全く周りからは気付かれません。

2.取り外しが可能なため、食事を気兼ねなくできる。

従来の器具だと、歯に特殊な糊でくっつけるだけなので、硬いものを食べたり刺激を与えると外れてしまう時もあります。そうなると色々めんどくさいです。

ですが、インビライザーは食事中など簡単に取り外せるので、全くの無問題です。

3.取り外しが可能なため、歯磨きがしっかりできる。

従来の器具のかなり厄介な悩みが歯が磨きづらいことです。いつもより時間をかけたり、専用の歯ブラシで磨いてもなお、磨き直しがある可能性があり、また歯ブラシを当てることにより器具が外れてしまうこともあります。

ですが、インビライザーだと取り外して行えるので、全くの無問題です。

3.通院感覚を長くできる。

従来の器具ですと、大体1ヶ月に1度の通院が必要です。人気の矯正歯科ですと、希望の日に行けなかったりと結構面倒に感じてきます。

ですが、インビライザーですと3~4ヶ月に1回で十分です。これって面倒が減る以外にも、喜ばしいことがあります。

それは会社で転勤になった際、月1回通うのは難しいですが3~4ヶ月に1回ですと行けると思いませんか?これは私の悩みの1つを解消することができたので大満足です!

歯を動かす時痛い

矯正ってどういう原理で歯が動いてるかご存知ですか?

骨代謝機能を利用し、力を加え圧縮された側で破骨細胞という歯を溶かす細胞が歯槽骨を吸収し引っ張られた側では骨芽細胞という骨を作る細胞が新しい骨を作ります。

そこで何故痛みが起こるかというと、矯正の際強い力を歯に加えることで、歯を溶かす際に炎症が起きそれが強い痛みに変わります。1週間はゼリーや飲み物しか口にできないなんていうことも聞きます。

ですが、そんな常識は過去の常識です。

5年前くらいからその常識は覆えされているのです。従来の矯正ってブランケットとワイヤーをがっちり接着し、力をモロ歯に与えています。

ですが本来は、歯を動かす適正な力加減というものがあり、それ以上力を加えても早く動くということはなく、むしろ遅くなります。

ですので、最新の技術ではほんの少し力を与えるだけで従来より早く全く痛みがなく治療ができるようになりました。この技術をもった矯正歯科ではお客さんのほとんどが歯に痛みがなく、逆に不安になったそう。

費用が気になる

費用についてはアドバイスでしかないのですが、場所によっては、通う度に費用が発生したり、器具が外れたり壊れたりとイレギュラーなことが多くあります。

そして、気づいたら予想以上にお金が掛かってしまった!ということもあります。

なので、最初に一律の金額設定をしており、そのあとの通院やイレギュラーなどの費用は発生しない。という場所を選ぶのをお勧めします。

そうした場合大まかな金額として、105万円~150万円くらいは見ておいたほうがいいですね。

矯正の期間は常識が覆っています

これは私自身一番驚きました。

友人の話やネットを見ていると、やはり2年半とか3年とかよく聞き目にしました。

ですが、そんなに掛かるのは古い知識や技術、器具を使っているからなのです。

やはり矯正歯科の先生の多くは弱い力で適正な歯を動かすことを知ってか知らずか、今までどおりのやり方や自分のやり方を貫き通すそう。

ですが、技術は日々進化しており新しい知識をつけ技術をつけている方は適正な力で歯を動かすことにより、従来よりはるかに歯を早く動かせることを知っておられます。若い先生は積極的に新しい技術を取り入れるので、これが若い先生が良いと言われる1つの理由ですね。

私はその説明を聞き正直半信半疑でしたが、実際に治療をしている人の経過事例を見てみると、なんと、1年未満。ひどくても1年半で綺麗な歯並びを手に入れていました。

1年未満で矯正が完了するならやってみたいと思いませんか?

多少個人差はありますが、それでも2年かかることなんてありません。

過去と比べると、

1年という短期間で目立ちにくい装置で痛みがなく治療できる。

今の歯科矯正技術はここまできています。

注意事項!!!

と、今まで現代の歯科矯正技術について話してきました。

察しのいい方は気づかれたかもしれませんが、

全ての歯科矯正クリニックが同じではありません。

先生のこだわりがあったり、従来の器具を使用しているところ。技術が追いついていないところ。など、様々なところがあります。

私自身4箇所歯科矯正クリニックに話を聴きに行きましたが、3箇所は従来または透明なブランケット止まりでした。

先生によっては説明が心許なかったり、あまり信頼できる雰囲気ではなかったりします。

そして、最新の技術を使用しているからといって必ずしも良いところとも限りません。

要するに歯科矯正クリニックでは初診カウンセリングを行っているところが多くありますので、いくつか通ってみて信頼できる先生のクリニックで受けることをお勧めします。

そして最新技術を知っているまたは行っているクリニック、あなたの矯正への悩みを吹っ飛ばしてくれる場所があるということをしっかりと心に刻んでいただき、

綺麗て健康な歯を作るために一歩を踏み出していただきたいと思います。

それでは!!!

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス