シェアする

【メンズ】通勤・通学前に楽な髪のセットの仕方!こんな簡単な方法を知らない人が多い?!

まの助です!

朝起きて仕事へ行かなければならない。

髪は寝癖でぐちゃぐちゃ。

あなたはどうやって髪をセットしていますか?

ただ髪を濡らし、ドライヤーで髪を乾かし、見えるところだけワックスしていませんか?

意外と知らない髪の本当のセットの仕方を書いていきたいと思います。

髪の濡らし方が間違い?!

朝寝癖を直すためだったり、髪を柔らかくするために髪の毛を水に濡らしますよね。

その時どのように髪を濡らしますか?

寝癖がついているところだけ濡らしたり、髪の表面だけ濡らしていませんか?

それではただ髪が濡れるだけです。髪が濡れると髪が跳ねたりパサつくのでそれなら濡らさない方が全然マシです。

実は寝癖って髪の根元からついているんです。なので水で濡らすなら髪の根元からかけましょう。また髪を整える時も、根元から濡らしたほうが全体的にまとまりやすくなります。

そしてとても大切なのがドライヤーのかけ方です!

髪型を決めるのはドライヤー?!

ドライヤーって髪を乾かすだけではありません。

実はドライヤーの掛け方で髪型の調子が決まるといって過言がないほど、ドライヤーは重要なセクションなのです。

その前に!髪の乾かし方ですが、根元から乾かすようにしましょう。

表面から乾かしてしまうと、乾きづらい根元が乾くまでに表面が熱で傷んでしまいます。髪の根元から乾かすようにすれば、自然と髪の表面も乾くので、根元だけを乾かすようにしましょう。

そして髪型の調子を決める乾かし方は、

1.まず毛の多い後ろ・サイドから乾かしましょう。

2.トップは後ろから前に持っていくように乾かします。

※その時下を向きながら乾かすと楽に乾かせます。

3.ひし形になるようトップのちょい両サイドを寝かせるように乾かします。

これでドライヤーでのセットは以上です。

温風・冷風使い分けていますか?

ちなみに「冷風」「温風」の使い分けですが、

「温風」・・・髪を柔らかくしてセットしやすくなりますが、キューティクルが開いてしまい、そのままにしておくと髪が痛む原因となり、髪がパサパサになったり、毛がぴょんぴょんはねてしまいます。

「冷風」・・・髪が乾きづらいですが髪のキューティクルを閉じ、髪を固定してくれます。夜のお風呂のあと、温風で乾かしてから冷風で乾かすと、次の日の朝寝癖でくちゃくちゃになりづらくなります。

気をつけて使い分けてみてください。

ワックスのつけ方が間違い?!

インターネットで調べると、それこそ星の数ほどワックスの仕方が出てきます。

どれが間違いでどれが正解なのかは人の好みやワックスの種類で変わりますが、私なりの気をつけている点をお伝え出来たらなと思います。

ワックスをべたべたにつける人

たぶんつんつんにしたいのでしょうか。ワックスをべたべたに付ける方がいます。

ワックスの種類がカチカチにかたまるジェルワックスや、スプレーで固めるよ!って人ならいいですが、クリーム系やハードではないワックスを多くつけてしまうと、ただの油ギッシュな頭になってしまいます。

そしてセット時は髪を立たせていい感じ!ってなるかもしれませんが、時間が経つにつれワックスの重さでぺったんこになってしまいます。

それって本末転倒ですよね。後ほど、正しいワックスの付け方を紹介します。

毛束だけつくろうとする人

また、毛束を作りたいから毛先だけワックスをつける人。

同じく髪がぺたんこになるので、あまり意味がないです。また時間が経ちワックスが取れてくると髪の毛が遊びだし、ぴょんぴょんはね始めます。

前髪につける人

もちろん少しつけるのはなんの問題もありませんが、サイドやトップ並みにつけてしまい、ベトベトな前髪になっている人がいます。

少し手に残ったワックスで整える程度にしておきましょう。

変にならない髪型のつくり方

以上を踏まえまして、失敗しない髪型のつくり方です。

1.10円玉くらいの大きさにワックスをとり、手のひら全体に馴染ませます。

この時クリームのワックスなら、白いのがなくなるまで馴染ませます。

☆この時ほんの少し水で全体を濡らしてやると、ワックスが馴染みやすくなってセット

しやすくなります。

2.毛の多い所を優先的に、後ろ髪⇒サイド⇒トップと全体的に馴染ませます。

☆トップは根元につけるようにします。足りないときは少しづつ足してください。

3.そして優しくトップの髪を下ろしてやり、残ったワックスで毛束を作ります。

☆髪型は後ろから前!シルエットはひし形を意識!

これでちゃちゃっとまとまった髪型になります!

お試しあれ!

湿気の多い地域の方

北陸とか特にそうですが、ワックスだけではすぐ髪型が寝込んでしまいます。

髪型をキープしたいならスプレーワックスで固めることが必須となってきます。

スプレーワックスの仕方は、近づけすぎず、髪と髪の隙間に入れるようにスプレーします。そうすることにより、ベタベタ感を抑えて髪型より長く保つことができます。

いかがでしたでしょうか?

変に気を張って髪型を作るより、この方法を使って簡単に仕上げたほうが良い仕上がりになることも多いです。

また、自分の髪型にあったワックス選びも重要になってきます。そこは好みで選んでみてください。(私は楽にセットしたいので、ウォータージェルとスプレーワックスを使ってます。)

ただ、冒頭でもお話しましたとおり、なにが正しいとかではないので、色々試してみて自分にあった方法を探してみてください!

それでは!!!

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス