シェアする

転職活動ってどんな感じ?私の体験談を見て反面教師にしよう!

まの助です!

転職活動ってどんな感じでしていけばいいの?不安で一杯なんだけど?という方々に、私の社会人2年目の時の転職活動の体験談を元に行動を参考に。または反面教師にして失敗しないように。という気持ちで見ていただければなと思います。

大学での就職活動での失敗

私は高校、大学と遊んでばかりいました。もちろんやりたいこともなければ、夢もありません。

そんな私ですが、ワード・エクセルにおいては非常に自信があり、講義でテストがあった時はいつも1番でした。なので、ワード・エクセルを生かすことができる、事務の仕事でも就こうかなとなんとなく考えていました。

しかし、いざ3年生になり就職活動を始めよう!という時に、大学の就職サポートをしている就職支援課の教授に

「事務なんて男ではまずとってもらえないよ(嘲笑」

と、衝撃な事実が告げられました。

まあ絶対なんてことはないとは分かっていましたが、その時点で私の就職活動は路頭に迷い、営業や介護、飲食店など以外で楽そうなところに就職しよう。という非積極的な就職活動に変貌を遂げました。(あくまで当時の私の心境なので、悪いというわけでは決してないです。)

就職活動はひどいもので、内定をもらってはネットのクチコミを見て評判悪いと蹴ったり。ろくに業界研究もせずにてきとうに受けて蹴ったり。ということを繰り返していました。

そんなこんなで、当時私はとあるスーパーでアルバイトをしていまして、そこの仕事が楽しそうで楽そうだと感じたというだけで、バイト先のスーパーに就職を決めました。

これが私のつまらない日常の始まりでした。

就職したはいいものの・・・

同期が40人くらいいたのですが、その中で私は目立ちたがりでしたので、人事から可愛がられて同期からも頼られる存在であったと感じています。

部門も異例配属のパンの部門。2年目で最速の責任者。会社でインターンや会社説明がある時は代表で選ばれたりなど、最初は期待されているのだなと、将来に希望がありました。

給料も良かったですし、責任者だったこともあり上司からぐちぐち言われることもありませんでした。

しかし、小売業界の定めといいますか、同期がどんどん辞めていき、さらには自分が将来なるであろうバイヤーや店長の苦しそうな姿を見ていると、この会社にいても希望はないと感じ始めました。

毎日同じ仕事しかしていなかったのでスキルが身に付かず、早く転職しないとこの業界でしかスキルが身につかなくなると焦りだし、毎日どうやってやめようか。どこに転職しようか。ばかり考えて仕事をしていました。

そもそも、スーパーでずっと働くことはないなと考えていましたので、すぐに転職活動を始めることを決意しました。

転職活動を思い立ってから

やはり無職期間が怖く、転職先に内定をもらってから今の仕事を辞めようと思いました。そして、若い頃は都会にでて経験を積んだほうがいいというのを耳にして、東京で仕事を探すことを決めました。

まず行動しなきゃ始まらないと思い、休みの日を使い東京の就職イベントにいきました。

特にやりたいことがなかった私は、とりあえずどんな会社があるかだけでも見ていこう。くらいの軽い気持ちでしたが、とある会社のブースでエンジニアの楽しさやそこの従業員の人間性の良さに惹かれ、後日東京の本社にて面接を取り入れていただきました。

結果をいうとその場で内定を頂いたのですが、なんか怪しそうというか就職も東京と聞いていたのに岐阜に行くことになったりだとかで、次の日に内定を蹴ることになりました。

そして、働きながら転職活動が大変だと思った私は、職場に退職願を提出しました。今にして思えばすごい行動力であり、愚かなことをしていたなと感じています。笑

それからは地元の家族や友達と離れるのも嫌だなと感じ、地元で転職先を探すことにしました。

本当にみなさんにはもっと具体性をもって転職活動に挑んでいただきたいです。。。

転職活動本格始動

仕事を辞めてから転職活動に本気で取り組みました。ハローワークや転職支援サイトに多く登録したり、業界研究もそこそこしてみたり。。。笑

最初の頃は求人も一杯あるし、多くのサイトを利用したり、ハローワークに頻繁に通って職を探したり、こんなに行動してるから余裕じゃん!なんとかなるやん!と思っていました。

私は、事務や経理、ITもいいなと思っていたので、業界を絞り、10件ほど応募しました。

ですが、ほとんどは「要経験者」だったり、給料が低かったり、小さい会社ばかりと、考えていた転職活動とはかけ離れていました。

けど、

求人は多数あるし、サイトからもオススメの求人をたくさん送ってきてくれるし、まだまだ余裕っしょ!

そんな余裕をかまして1ヶ月後・・・

応募してみたいと思う会社がなくなりました。

業界を絞っていたというのもあるのですが、やはり転職は実務経験を求められるところがほとんどであり、給料や福利厚生も妥協できなかった私はまたまた路頭に迷いました。

これは一から見つめ直すしかない。と思い立った私はエージェントというサポートを使い、相談しまくりました。

私は事務や経理といったデスクワークがしたい。という思いをぶつけていたのですが、考えが甘い。実務経験ないのに難しい。など否定の嵐でした。

しばらくエージェントに相談してみると、人と話したい。毎日違う発見がしたい。実力が認められる仕事がしたい。という秘めたる思いに気づき、営業職へ挑戦してみてもいいかなと思うようになりました。

活動の範囲も両となりの県まで広げ、給料や福利厚生は高待遇のところを探してみました。

結果、とても気に入ったところが見つかり、営業職として内定を頂くことができました。

そして営業職になるために事務員として勉強しているのですが、毎日同じ作業なのでとても退屈です。。。

あんなに嫌がっていた営業も、今では早くしたくてたまらなくなっています。

以上が、私の1回目の転職活動でした。

転職活動中に学んだこと

転職活動で学んだことは、もっと考えて行動するべきだったな。とかもっといいやり方があっただろうな。とか知っておかないと損することが多くあるんだな。とか挙げたらキリがないくらいありました。

ネットで調べていても、実際に体験しないとわからない。聞いていた話しと違う。ということが多くありました。

他人は他人であり、結局最後は自分の責任は自分で負わなくてはならない

なので、転職活動する際は下調べをしっかりと行い、誰かが言っていたからではなく、様々な意見を取り入れて、自分なりの最適な答えを導いて行って欲しいと思います。

私は今回の転職活動は反省ばかりでしたが、決して後悔はしていません。なぜなら転職活動中もそして今も、様々な経験をできているな。と感じているからです。

このブログでは、私と同じく現状に満足していない方々に向けてサポートをしていこう!という内容のブログとなっておりますので、是非ご活用していただければと思います。

それでは!!!

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス