シェアする

メンタルやられ、嫌なことを乗り切る!私なりストレス回避方法!

まの助です!

仕事で失敗して、上司に叱られて、落ち込んで、また失敗して、の繰り返し。

悪循環のスパイラル。

以前までの私は、このように一度失敗してしまうと立て続けにミスを起こしてしまっていました。

メンタルが非常に弱く、いつまでも引きずっていました。

悪循環を乗り切るにはメンタルを強くするしかない!でも人ってそんなに簡単に変われないですよね。

そこで私は嫌なことを受け流すことの大切さを学びました。

嫌なことを受け流す

メンタルが強い人は、「次は失敗しない!」または注意されたことに対して「見返してやる!」と、嫌なことを受け止めて前向きに取り組める人だと思います。

しかし、時には反省して落ち込む。ということもあると思います。

受け流すというのは、なにも注意されたり失敗したことを聞き流したり、見なかったことにすることではなく、考え方を変える。ということです。

失敗したら今が最底辺だと思う

私が教訓としていることです。

落ち込むことの嫌なことがあった時って、それ以上の落ち込みってしばらくこないんですよ。

つまり、その後は今よりいいことしか起こりません。

・・・と思い込むのです!

いやまあでも実際そうだと思うので、それをいかに自分の思考に取り入れるかが重要です。

私は、このことを意識してから、ある程度反省して周りにも反省が伝わったかな?と思ったくらいで、すぐにケロッとできるようになりました笑

周りの人も、いつまでもうじうじされているとうっとおしく感じますからね。

嫌なことが続いているとき

それこそ「今が最底辺」ですね。

それでも、嫌なことが起きている間って落ち込みますよね。

そんな時はこう考えるのです。「人生山あり谷あり」「止まない雨はない」のだと。

人生下がるときがあれば上がるときは必ず来るのです。そして下がり続けるということは絶対になく、必ず雨は止むのです。

そんなの分かってるって?

それなら悪循環に陥った時に思い出してください。「今が最も最底辺」「人生山あり谷あり」「止まない雨はない」

不思議と前向きになります。少なくとも豆腐メンタルの私には効果があったのですから、みなさんだって必ず立ち直れるはず。

叱られたって死ぬわけではない

この言葉よく聞きますよね。

「別に死ぬわけではない。」「殺されるわけではない。」

分かってはいるんですけどね、別にそこに怯えてるわけじゃないんですよね笑

私はこの言葉は、叱られている時に思うのではなく、言い返すときに思うようにしてます。

不満や意見があってなにか言い返したいとき、「もっと怒られたらどうしよう。」「言い返して嫌われたらどうしよう。」と考えてしまいがちです。

しかし、「死ぬわけじゃない」のです。むしろ言い返した時の方が上手くいくことがあるのだと経験してから、この言葉を思い返しては勇気を持って言い返すようになりました。

言いたいこと言えないってすごいストレスです。それなら言ってみて現状改善にかけてみませんか?なーに、失敗したって死ぬわけじゃないのですから。

叱られるのは今だけ

なんで若手のうちって叱られることが多いと思いますか?

それは仕事に関してまだまだ未熟であり、知らないことが多いからです。

なので初めは叱られて当たり前なのです。むしろ叱られない方がおかしいのです。

反対に社歴を重ね経験を積めば、どんな人でも叱られることが減っていきます。

なので叱られても、「今は叱られて当然。後々必ず叱られなくなるから今は耐えよう。」と考えれるようになりましょう。

どうでしたか?

嫌なことやストレスって結局は自分の中で処理するしかないのです。

それなら自分の都合のいいように考えて少しでもストレスを開放していったほうがお得です。

そして、そういった悩みは時間が必ず解決してくれます。

ずっと悩み続けるのは精神の無駄遣いだと理解し、ストレスフリーを心掛けましょう。

それでは!!!

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス