シェアする

【志望動機は入社後の自分を書く】自分事ばかり書いていませんか?

まの助です!

履歴書で悩む大きな要因の1つ!志望動機!

みなさんはどのように志望動機を書いていますか?

その業種を選んだ理由?その職種を選んだ理由?その会社を選んだ理由?

熱く語れば想いが届く?この会社しかないと強く言葉にすれば認めてくれる?

こんな志望動機じゃただの独りよがりです。

どれだけ強く入社したい理由を語っても、それはあなたが入社した際のあなた自信のメリットであって、あなたが入社した際の会社のメリットではありません。

志望動機というのは、意味合い的には志望した理由を書くので間違ってはないのですが、より面接官にあなたが欲しい!と思ってもらえるような志望動機にすることが大切です。

面接官の目に止まる志望動機とは

ダメな例

冒頭でも例を上げた、独りよがりな志望動機。先に言っておくと、全く書くな!というわけではなく、いまから上げる例で文を締めくくることがNGです。

「○○業界に非常に興味がある。」「○○職にやりがいがあると感じた。」「○○会社に入社できたら自分の成長に繋がると感じた。」

共通点はもう分かりますよね?

興味があるから。やりがいがあるから。成長につながると感じたから。全て自分のことばかりです。

さらに言えば、興味があるから受けているでしょうし、やりがいが無さそうな所は受けないだろうし、成長はどこでもできる。

なんともまあマイナスであることがお分かりいただけだでしょうか。

面接官はこう思うことでしょう。

「似たような人がまたきた。」と。

意外と独りよがりな履歴書は多いのです。なのでライバルとは違う志望動機で面接官の目を釘付けにしたいですね。

良い例

じゃあなにを書けばいいの?

それはあなたが入社した際の会社側のメリットです。

例えば、あなたはホームページをデザインするのが好きで、他の人よりプログラミング言語を多く扱えたとします。そしてウェブデザインの会社の面接の際

ダメな例ですと、「私は学生の頃よりホームページを作成しており、デザインを考えるのが好きです。日々どうしたらホームページが良くなるか考えデザインを作成しており、デザインに対し誰にも負けない想いがあるので、やりがいをもって仕事に取り組めると思ったからです。」

良い例では、私は学生の頃よりホームページでいくつかのプログラム言語を使い分け、デザインを作成することが得意でした。御社に入社した際には、このスキルにさらに磨きを掛け、誰にもマネができないようなデザインを作り上げていきます。」

私が面接官だと、

前者は「デザインを作るのが好きなんだ〜。」という印象が強く残ります。

後者は「プログラム言語はなにが使えるのだろう。入社してからも向上心が見える。自分が目指す目標のためにどんな仕事をするのだろう。」会社にメリットがありそうだ。と思います。

つまり、その分野が興味があるにしても好きにしても得意にしても、それらをどうこの会社に貢献してくれるのかが非常に大切なのです。

そして、どうなっていきたいのかを述べることにより、本気度や貢献度、会社への適合性を同時に伝えることが出来るのです。

就職活動は恋愛といっしょ

ここまでで面接官がなにを求めているか、大体お分かりいただけたかと思います。

志望動機では「この人はどんなスキルがあるのか。」「それを会社へどう貢献してくれるのか。」「向上心や目標はあるのか。」など会社へのメリットを求めています。

面接官は採用した人に対して採用してしまった責任が生じますので、少しでも優秀で貢献してくれそうな人を採用しようとするのは当然のことですよね。

熱い想いを語って情に訴えかけてもしょうがないということです。

また面接官に「もっとこの人ことを知りたい。」と思わせるのも有効な手です。

要するに面接官に一目置かれたり、気になってもらえれれば面接は非常に優位に進むこと間違いなしです。

相手にいかに自分を採用した時のメリットを示せるかが勝負なのです。

両想いになれば晴れて内定。就職活動は恋愛といっしょとはよくいったものですね。

いかがでしたでしょうか。

志望動機ではいかに採用した時のメリットを提示できるかが大きな鍵となります。

自分の過去の経験や得意分野を自己分析し、いかにその会社へ貢献できるかを考え、志望動機に自分を売り込むための文章を書き綴りましょう。

それでは!!!

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス