シェアする

転職のリスクを理解しよう!リスクを避けて良い転職活動を!

まの助です!

今の時代、転職って割と身近になりました。誰もが1度は転職を考えるのではないですか?

でも、転職にリスクはつきものです。分かっているつもりでは後々必ず後悔します。

転職の結果が良くなるも悪くなるもあなた次第なのです。転職のリスクを理解して成功に導きましょう。

転職のメリット

まず転職のメリットから考えてみましょう。

・人間関係がリセットできる。

・福利厚生が良くなる場合がある。

・新しい環境でリフレッシュできる。

・新しい仕事にチャレンジできる。

などです。

人生一度きりなので、今いる環境が自分のためにならないのであれば、転職を考えるのも立派な選択です。

転職のリスク

次の職場では良くなる?

それでは転職をする上でのリスクを考えてみましょう。

それはメリットの逆を考えてみると明白です。

人間関係が悪くて辞めた。上司が気に食わなくて辞めた。そういう理由で転職する人って、次の職場では今よりいい人間関係を築ける!って思ってしまっています。

ですがそんな保証はどこにもありません。もっと悪くなる場合もありますよね。

福利厚生だって一緒です。

これがリスクです。

リスクをとって転職しますか?

人間関係が良くなるか賭けて転職するのは少しリスクが高すぎると思いませんか?

それなら今の職場で人間関係や待遇の改善する努力をしてみましょう。もっと上の上司に相談してみたり、人事に相談してみたり。

え、ちくったら後が怖い?そうなったら転職すればいいです。人は辞める気になればなんでもできるものです。

転職は経歴に傷が付く?

これはよく聞きますよね?

短期間で転職したり、何回も転職をしていると、経歴をみた面接官はあなたに「すぐ辞める人」「続かない人」というレッテルを貼ります。

これが経歴に傷が付く正体です。

ただ、転職自体が悪いわけではなく、上手く転職活動をすれば全く傷はつきません。

まず、意味のない転職をしないことです。逃げるようにした転職は必ず後悔します。そして「また転職すればいいや」という考えが染み付いてしまうことが最悪のケースです。

そして職種・業種を転々としないことです。知識も技術も中途半端でフラフラしているという印象がつきます。

ちゃんとした理由や行動で転職すれば、経歴に傷がつくことはありませんので、転職のご利用は計画的に。

給料を上げたい?

今の職場の給料が極端に低い場合、上がる可能性は大いにあります。

また、給料のためならえぐい仕事でも構わない!という方なら上げることができます。

しかし、「良い職場で良い給料を!」と思っている方は少し厳しいことを覚えておいていただきたいです。

まず1つ目、多く人が言うのが一番始めに就いた会社の給料が一番高い。ということです。

ただ転職するだけでは基本的には給料は下がっていくものだと思っていてください。

そして2つ目、長く勤めたほうが給料は高くなります。普通の会社だったら長く勤めれば、その分昇進の可能性はあがるのに対し、転職はキャリアは多少あるにしろ、その会社では1年目にリセットするわけですからね。

新卒と一緒な状況になるわけです。同世代にどんどん差を付けられてしまいますね。

リスクを踏まえた上での転職

それでも転職したい!という方は、明確な目標を持つべきです。

例えば、やりたいことをするための転職。私は「仕事に行くのが苦じゃないと思える仕事が天職だ」と思っており、やりたいことができる場所に行くのって全然苦じゃないと思うんです。

やりたいことができる転職であれば、それはあなたにプラス要素ばかりです。

給料は低くなっても、向上心が必然的に上がるので、昇進や昇給の可能性だって大いに上がりますし、能力も自ら高めようと思えるので、どんどん成長できますし、会社からの期待も高まります。

また、異業種・異職種にチャレンジしたい!という方は、20代での転職をおすすめします。

20代での転職ではまだポテンシャルを求められている傾向にあるので、チャレンジするなら20代のうちに済ませておきましょう。

30代からの転職はスキルアップのための転職だと理解しましょう。

転職はメリットも多くありますが、しっかりと計画して転職しないと、人生どんどん悪い方に行ってしまいます。

そうならないために転職のリスクを把握し、できるだけリスクを避ける転職活動を心がけましょう。

それでは!!!

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス