シェアする

社会人に必要なスキル!「可愛さ」「個性」「明るさ(元気)」「積極性」があれば問題なし!

geralt / Pixabay

まの助です!

社会人となり、会社で働き始めたはいいが、

「毎日怒られる。」

「仕事が覚えられない。」

人間関係が上手くいかない。」

など、日々のストレスに悩まされる方が多くいらっしゃいます。

「自分にはこの仕事は向いてないんじゃないか。」

「自分は頭が悪いのではないか。」

「人間関係を構築するのが下手くそだ。」

と、考えてしまい、会社に行くのが憂鬱。。。。

でも、周りを見てみると、

上司からよく話しかけられる人。

色んな仕事を任せられる人。

仕事はあまりできないはずなのに、生き生きと仕事をしている人。

など、たくさんいらっしゃいますよね?

今回は、そういった悩みが少しでも軽減できるよう、

改善点を4つにフォーカスした内容でお届けしていこうと思います。

社会人に求められるのは、仕事の能力だけではない

可愛さ

見た目の話ではないですよ?

※まあ、もちろん見た目は良いに越したことはないのですが。

つまり、上司に可愛がられるということです。

具体的には、

上司との何気ない会話を覚えておき、その内容について調べ、後日その内容について話しに行く。

やはり、人って自分のことを覚えてもらえていることに喜びを感じる生き物なのです。

それに加え、わざわざ調べて話しかけてきてくれる。

というのは、自分に関心がある。と感じられやすいので、

とても有効なテクニックであると考えます。

報告・連絡・相談をしっかり行う

なにも言ってこない部下と、

逐一報告・連絡・相談をしてくる部下。

どちらが安心感があるか明白ですよね。

正直なにもせずに可愛がられるなんて無理なんですよ。

可愛がられる=好かれる。好かれる=上司にとって都合の良い部下となる。

結局は気に入られようとする人が、気に入られるのです。

個性

真面目にしている人よりも、

なんだかんだうるさくて、

上司にも失礼ではないか?と思うような言葉遣いだったり、

変な事を言う人

のほうが、会社に馴染めたりするんですよね。

でもこれって必然なんですよね。

学生の時もそうだと思うんですが、そういう個性的な人たちって、

年上の方との接し方に慣れているんですよ。

それにそういう無邪気な人ってなんか憎めないですしね。

それに引き換え真面目な人。

しっかり仕事はするが、必要なことだけしか話しかけてこない。

人に嫌われることが怖いのか、日常会話に混ざってこない。

もちろんそういう人たちは会社にとって必要不可欠です。

でもそういう人たちってありふれているんですよね。

埋もれるんですよね。

気にかけないんですよね。

それなら自分の個性出していきましょって話。

徐々にでもいいからオープンになっていきましょって話。

まあそもそも個性って作り上げていくもんじゃないんですよ。

自分の中にもうあるので。

個性のない人なんていません。

嫌われないように自分の中に閉じ込めてしまっているんですね。

でも個性を閉じ込めて、結局は嫌な思いをしているなら、

思い切って出したほうが楽ではないですか?

その個性が嫌われる時もあるけど、

気に入ってくれる上司に出会ったとき、そこがあなたの居場所となるでしょう。

明るさ(元気)

言わずもがな。

例えば、挨拶。

試しに朝の挨拶を

「おあよざいますぅー」ではなくて、

おはようございます」と腹の奥からちょっと低い声で出してみ?

返ってくる挨拶もいつもと違い、しっかり返ってくるから。

それと同じで、

仕事中の会話や、電話越しでの会話。

明るく、元気に話すだけで、レスポンスが変わってくるので、

「あれ?俺、仕事できる人みたいじゃね?」

というよくわからない自信が沸いてきますよ。

謝る時も、小さい声ではなく、はっきりとした声で言ってみると、

なんだか許してくれます。※お試しあれ

積極性

積極性なんてよく言われるけど、どうしたらいいの?

と、私自身そう思っていました。

どうしたら積極性がでるかもわからんし、そもそもなにに積極的になればいいの?

答えは日々の仕事の中にありました。

普段面倒臭くてやらないこと。

上司が困っていること。

今まではお願いや指示されたらやっていたこと。

これらを全て自分から行ってください。

それだけで、周りからの目がガラっと変わります。

「人が変わった」「頼りがいがある」「やればできるじゃん」

と思われるます。

え?そんな簡単に評価は変わらないだろって?

いえいえ、他人の評価なんてあっという間に変わるんです。

他人は人に対して評価をする際、

元々プラスの評価の人が行動をするよりも、

マイナスの評価の人が行動をしたほうが、圧倒的にプラスの評価をする生き物なのです。

ほら、学生の時に、エリートがテストで90点とるよりも、

不良がテストで90点取ったほうが周りは評価するし、先生も大喜びでしょ?

このサイトを開く時点であなたはマイナス評価で悩んでるとお思うので、

とても効果のある内容だと思います。

※失礼極まりないですね。すみません。

いかがでしたでしょうか。

「仕事に行きたくない」「仕事がストレスだ」

という方々には、必ず理由が存在するのです。

ただ漠然と「楽しくならないかなー」「楽できないかなー」

と受身の姿勢でいてもなにも変わりません。

具体的に自分の足りていない部分を見つめ直し、目標を立てることで、

少しでも改善できる点が存在するはずです。

仕事が楽しくなれば、人生は裕福になります。

自分の人生のためにも、明確な目標を立て、自分にとって良い職場環境となることを願っております。

それでは!!!

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス