シェアする

【プロの意見を取り入れて転職を成功させよう】転職をサポートしてくれるエージェントって何?

まの助です!

転職のイメージは持てましたか?(別の記事の転職サイトのイメージを持とうを参考にしてみてください)

転職サイトをみて中途採用が選択できる企業の職種、待遇、企業の数、会社の規模など、大方イメージが持てましたでしょうか。

次の仕事のイメージを持つことはとても重要であり、次の仕事でも同じ失敗をしないために欠かすことができない絶対条件なのです。

ですが、自分自身で考えて就職した結果が今の転職に結びついてしまい、自信がない。何がしたいかわからない。と不安な方もいるはず。

私自身転職することは決まっていましたが、やりたいことが決まらず楽な仕事ばかり探していました。

でも、どうせ転職するなら次こそは成功させたいですよね!

そんな時にはプロの意見も聞いてみよう!

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、簡単にいうと転職のアドバイス、履歴書の添削、企業との橋渡しなどあらゆる転職のサポートをしてくれる人!と思っていただければいいです。

転職エージェントと繋がるには、リクナビやマイナビなどの転職サイトに登録しその一部のサービスとして利用することができます。

流れとしては、エージェントに登録すると、メールがきますので面談できる日時を返信します。中小の転職サイトだと直接面談していただけるところもありますが、大体は電話での面談です。

面談での会話を参考に、こちらの希望する地域や職種、給料や休日など、希望に沿ってエージェントがオススメの企業をインターネットを通して紹介してくれる。という流れとなります。

そして、受けてみたい企業があれば、エージェントを通してその企業との面接を取り入れてもらったり、履歴書や面接のアドバイスをしてくれるというわけです!

転職エージェントを上手く活用しよう

転職エージェントとの面談の際、これを言っていいのかな?変なことを言ったら舐めてるって思われるかな?とか思っちゃいますよね。

ですが、エージェントには本音で話してください。上司が嫌だからやめた。仕事がつまらないからやめた。などなど。

だってエージェントにしっかりした理由や事情を話さなければ、本当に自分の合っている仕事を紹介してもらうことなんてできないですからね。

プロでも嘘ばかりつかれると、できることもできなくなります。

それに、何百人と相手にしてきているわけですので、正直変な人なんてごまんといます。自分を曝け出すことが成功への近道だと心得ておきましょう!

そして、もう1つ大事なことが、

エージェントに好かれておくことです。

エージェントだって人間です。いくら仕事といえど、人の好き嫌いは生まれます。好きな人にはポロっといい情報を与えてしまうものですよね?

好かれるというのは、なにも媚びるということではなく、報告・連絡・相談をするということです。

紹介をしてもらった企業はどうだったか。面接行った感想はどうだったか。ここが上手くいかないんですけどどうしたらいいでしょうか。

細かな連絡でやる気を見せておくのです!

エージェントは自分が紹介した企業に就職してもらえれば収入に繋がるので、やる気のある人にはそりゃあ頑張って就職させようと思うわけです。

なので、

1.本音で話す。

2.やる気を見せる。

この2点に気をつけてエージェントを活用してみてください。

こんな転職エージェントは嫌だ

先程も話したとおり、エージェントも一人の人間です。

私自身、この人には面倒見てもらいたくないなと思うエージェントが何人かいました。

1人目、自身が満ち溢れている系エージェント。

電話の面談の時こちらの話は軽く流して自分の考えをべらべら話してくるエージェント。

本来の目的である、自分にあった仕事を見つけるための相談。という部分が満たせない相手です。

また、1つの意見として取り入れるのはいいですが、真に受けてしまうとまた同じ過ちを繰り返しかねないので、担当をチェンジしてもらいましょう。

2人目、自分が勧めたいものを勧めてくるエージェント。

こちらが希望の職種を出しても、こっちのほうがいいよ。とか、なんでも挑戦してみないと。ととにかく面接を組ませようとしてくるエージェントがいました。

もちろん視野を広く持つことは大事ですが、なにかと希望じゃないものを押し付けてくるので、参考になりません。

3人目、なにも紹介してこない。

論外ですね。チェンジで。

4人目、頻繁に連絡してくる。

これは、人によってはいいかもしれないですね。

私にとってはストレスでした。どうでもいいような連絡ばかりで、自分のペースで活動したい人や軸が固まってきたあたりからうっとおしく感じ始めます。

人同士ですから合う合わないは必ずでてきます。ですが、内定をとらせるため、自分の評価のためだけに紹介してくる人は本当に気をつけてくださいね。

どうやって良いエージェントを探したらいいの?

これには秘策があります。

次の記事で紹介しようと思うので、よろしければもう少しお付き合いください。

次の記事⇒良いエージェントとめぐり合うために

それでは!!!

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス