シェアする

転職の面接ってなにを聞かれるの?受け答えはどうしたらいいの?

まの助です!

転職の面接って、上手く答えられるか不安ですよね。

変なこといってしまうんじゃないかとか、辞めた理由をなんて言おうとか。

私は面接で上手く喋ろうとして調べまくっていましたが、結局その場になると違う質問がきたり、考えていたことと違うことを言ってしまったりしました。

前向きな転職であることをアピールする

転職の際の面接官って面接でなにを見ていると思いますか?

それは、この人はまたすぐに辞めてしまわないかな。うちの社風に合うかな。前の職場でどういう経験をしていてうちで生かすことができるかな。やる気はあるのかな。という目線で面接をしています。

例えば、前の仕事では、上司と合わなかったから。仕事に飽きたから。給料が低いから。退職したとしましょう。

もちろんわかっているとは思いますが、それらを正直に話してしまうと、

「また合わない上司がでてくると辞めるのか。」「また仕事に飽きられると困るな。」「うちの給料に満足しなくなったら辞めるのか。」などマイナスなイメージを持たれてしまいますよね。

もちろん向こうも採用するのだったら、ずっと働いてくれる人がいいですし、中途採用なので即戦力な人で、職場に馴染んでくれる人がいいはずです。

なので、退職理由も「○○が嫌で辞めた。」ではなく、「○○がしたくて挑戦するために辞めた。」「○○を別のことに生かしてみたいと思って辞めた。」など前向きかつやる気を見せる退職理由であるべきですね。

私自身このことには気をつけていたのですが、「ポータブルスキルを身につけたい」ということを面接の時にいうようにしていました。前向きでやる気があることがアピールできていたかな。と思っていたのですが、

たまたま仲良くなった企業の人事の方から、

ポータブルスキルを身につけたい。っていう理由だと、うちでスキルを身につけたらどこかへ行ってしまうと思われるから言わないほうがいいよ。」とアドバイスをしていただきました。

やはり自分では気づかないけど、向こうにはマイナスなイメージに取られることがあるので、面接練習など取り入れるのも1つの手ですね。

あとは「うちでずっと頑張ってくれる気があるんだな!」という事をなんとかして伝えたいですね。

面接官の目に止まる志望動機

先程も言いました、前向きな事をアピールすることがとても大切です。

みんながやりがちな志望動機の失敗例として、

「御社の○○という部分に惹かれました。」御社では○○の技術が優秀で、非常に興味が出ました。」「御社の優れた環境で学びたいと感じております。」という文章にしてしまうことです。

なにがだめなのか分かりますか?

これらは自己中心的な志望理由なのです。

間違いというわけではありませんが、面接官の反応はきっといまいちです。

理想的な文面としては、

「私の○○というスキルを活かせると思ったから。」「私の○○という性格が御社の社風にあっていたから。」「御社で私は○○ということを実現したい。」

など、いかにその会社に貢献ができるかをアピールすることが大切です。

「ああ、この人を採用すると弊社にこのような利益をもたらしてくれるかも知れない。」「この人の性格だったら弊社と相性が良く真価を発揮してくれるかもしれない。」「この人は向上心が高いから将来素晴らしい人材になるぞ。」

と、思ってもらえるような志望動機にしたいですね。

ライバルに一歩いや、二歩差をつけられること間違いなしです。

面接時の小ワザ

・ハキハキ話す

これだけで印象は全然変わります。ハキハキ話すと自信がある人なんだと捉えてもらうことができますし、不思議と自信もでてきちゃうんですよね。それに妙に説得力もあがります。

・手振り素振りで話す

膝に手を当てたまま話していると、ああ、覚えてきたことを話しているのかなと。思われてしまうことも。手

振り素振りを使って話す事によって、説明を伝えようとする気持ちが伝わり、また話し言葉も自然になり面接官と会話しているような感覚になります。

なので自分の言葉で話そうとしているんだなと。捉えてもらえるようになります。

・嘘はばれる

自分を優秀だと偽るために言葉に節々に考えてきた嘘を織り交ぜる人がいます。

直接的にその嘘はばれないかもしれませんが、予想していなかった質問が来た時になんとか上手いこと話そうとしてしまい、どもったような話し方になってしまいます。

それなら多少経験が乏しいことしか言えなくても、自信満々にハキハキ話す人の方がポテンシャルが垣間見えるので、良く映る傾向にあります。

自分を偽るのもほどほどに。

転職の面接は新卒の面接とは少し違います。

新卒の時より、どうその会社に経験を生かすことができるか。一度は社会人を経験しているので、社会人としての考え方ができているか。ある程度はマナーやスキルが身についているかなど見るようになります。

転職の面接ではいかにそれらをアピールできるかが鍵です。

新卒の時ほどライバルはいませんが、代わりに企業側は今回は誰も採らない。という選択が増えているので、生半可な気持ちでは見破られてすぐ落とされてしまいます。

大切なのは自己分析や業界研究など行い、自信満々に話せる練習をしておきましょう!

それでは!!!

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス