シェアする

【転職は2年目から】最低でも3年なんて考えが古い。辞めるなら早いほうがいい!

まの助です!

転職は最低3年間働いてから!ってよく聞きますよね?

「3年働かないと仕事の本質は分からない。」「経歴に傷が付く。」「辞め癖がつく。」
などと言われてしまいます。

確かに、なにも考えずに飽きたから。とか仕事が嫌になったから。という理由で転職してしまうと自分のためにならないどころか、スキルがつかないままただ年を取ってしまうことになりかねません。

しかし、考え方次第では早期の転職は人生を有意義にするためにも必要なことなのです。

古い考えに囚われず、自分の人生を考え直してみませんか?

嫌なことをいくら続けても成長しない

人って興味のあること、好きなことにはどんどんのめり込むし、その分野において成果を発揮できますが、興味のないこと、嫌いなことに関しては、ただの作業になってしまいなにもスキルが身につきません。

みなさんそれは遊びでも体感していると思うので、お分かりいただけると思います。興味のないことって覚えようとも思いませんよね?

それは仕事でも一緒なのです。

仕事だから覚えないとダメだ成長しないとダメだ。と思っていても、その仕事に興味がわかなければ、覚えるのにも時間がかかるし、なにより向上心が失われます。

そんなのただの時間の無駄です。

若い人なら尚の事、成長が望めるこの時期に無駄な時間を過ごすのなんて勿体ないです。

だから私は、嫌な仕事を無理やり3年間続けるくらいならすぐ次の興味のある仕事に転職したほうがよっぽど将来の自分のためになると思うのです。

経歴に傷が付く?

これも転職のやり方次第だと思います。

流石に短期間で転職を転々としてしまうと、またすぐ辞めるのではないか。と思われてしまうのも無理がありません。

そもそもやりたいことが決まらず転職してしまうから、短期間でやめてしまうのです。

例えば、その転々としている転職が全て違う職種だった場合。

事務したり、営業したり、設計したり、プログラマーしたり。

こんな経歴の人見たらどう思います?ああ、飽き性なんだなと思いませんか?それに短期間に違う職種ばかり経験しているとスキルなんて0に等しいです。

そんな人を高いお金をかけて採用しようなんて思わないですよね。

でも例えば、職種は営業職に固定したまま業種だけ変わっている場合。

医薬の営業、人材の営業、車の営業、保険の営業。

どう思いますか?私は、この方は色んな営業を経験しているからどんな営業をするのだろうか。営業のプロフェッショナルだな。と考えてしまいます。

もちろん転々としているので、少しはマイナスな印象はありますが、それでも興味を持ってしまいます。

つまり、自分のやりたいことを明確にし、軸を持って転職活動をするべきだということです。

そうすれば、転職活動もしやすくなるし、なにより自分自身にほかの人では体験できないようなスキルや経験を持ち合わせることができるかもしれません。

なぜ2年?

1年目で辞める人のほとんどは、学生時代と社会人とのギャップでやめていきます。

「こんなはずじゃなかった。」「学生はもっと楽しかったのにな。」「アルバイト感覚で考えていた。」

社会人1年目のほとんどは研修または教育期間です。厳密に言うとお金をもらって学んでいる状態なのです。

1年目は分からないことが当たり前なので、教えることがたくさんありますし、そうなると必然的に上司も常に見ていないといけない。ちょくちょく口をださいといけない状況になるわけです。

それがストレスになり、学生気分の社会人1年目は自分はこの仕事に合っていないと錯覚して辞めていくのです。まだ仕事もしていないのに。

2年目になると、あらかた仕事を覚え自分なりに考えて仕事ができるようになります。そうなってくると上司もあなたを認め始め仕事をまかせてもらったりします。そしてやっと仕事の本質が見えてくるのです。

2年目で仕事の本質や将来の自分の像が見えてきてなお、辞めたいと思うのならその仕事は続けてもしょうがないです。

あと1年我慢しようと思っても、その1年はただの無駄になってしまいますので、若い時代の貴重な時間を無駄にしないためにも、興味のあることを見つけ出してください。

転職を決めた1年目の過ごし方

これは余談になってしまうのですが、1年目仕事を辞めたくて仕方なくなる時があります。私がそうでした。

なんのために働いているのだろう。もう学生の頃のあの楽しさは戻ってこないのだろうか。

一度こんなことを考えるとドツボにはまってしまいなかなか抜け出すことができなくなります。

そんなときは本屋に通って転職した時の仕事のイメージを掴むようにしてみてください。

すると、つまらない仕事中でも「次の転職ではなにしょうかな。」「次はあの仕事について調べてみよう。」「この仕事のこの部分って次の仕事に役立つのではないか。」「転職時の面接で経験を言えるようになにかチャレンジしてみよう。」などある意味仕事のことでいっぱいになれます。

人って仕事を続けようとすると苦しくて悩んでしまいますが、一度辞めることを決意すると肩の荷が降りて開放感が溢れます。

ストレスを溜め込むことがほんとによくないので、ストレスを感じた時はいつか辞めてやる!って思うようにしてみてください。不思議なくらいイライラが収まります。

それでは!!!

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス